編集後記/『福岡地方史研究』第53号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第53号 2015年9月10日発行 編集後記  今号の特集は「東アジアの中の福岡・博多」とした。  歴史を振り返ると古代から、いやもっと以前から福岡・博多は日本とアジアとの交通の玄関口の一つであった。金印、鴻臚館、水…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第52号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第52号 2014年9月10日発行 編集後記  今号の特集は前号に引き続き「黒田家と福岡・博多」の2とした。理由は大河ドラマ『軍師官兵衛』が放映中だからだ。  黒田家ゆかりの各地ではドラマに便乗した様々なイベントなど…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第51号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第51号 2013年9月10日発行 編集後記  先日、ラジオ番組で次のようなクイズ問題を聴いた。  今から二四〇〇年前、ギリシャの歴史家ヘロドトスが、あるところに行った時に、「観光客ばっかりでうんざりした」と書き記し…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第50号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第50号 2012年9月10日発行 編集後記  今年は長崎街道開通四百年記念の特集を組みました。たくさんの寄稿をいただき、大変充実した内容になりました。  今年七月、気象庁が九州での大雨を「これまで経験したことのない…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第49号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第49号 2011年9月10日発行 編集後記  今年は長崎街道の山家宿が開かれて四百年になります。そこで特集のテーマを「山家宿400年記念」とし、副題を昨年に引き続き「峠・街道・宿場町 2」としました。たくさんの方に原稿を…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第48号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第48号 2010年8月25日発行 編集後記  今号は「峠・街道・宿場町」を特集のテーマとしました。特集を含めたくさんの原稿をお寄せいただきありがとうございました。しかし、大変申し訳ないことですが、紙数も限られていますので…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第47号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第47号 2009年8月1日発行 編集後記  今号は「福岡・博多の近代化」を特集のテーマに設定しましたところ、たくさんの興味深い原稿をお寄せいただきました。ありがとうございました。今回の特集は今までにない特色をもったものに…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第46号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第46号 2008年8月24日発行 編集後記  前号に引き続き特集テーマ設定ができませんでしたが、原稿はたくさんお寄せいただき、有難い限りでした。たいへん申し訳ないことには、数名の方の原稿が本号に掲載できないという状況でし…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第45号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第45号 2007年8月5日発行 編集後記  今年六月に沖縄県議会をはじめ同県内全市町村議会で、沖縄戦で日本軍が住民に「集団自決」を強制したという記述を削除した教科書検定に抗議する意見書が採択されました。それは、文科省が係…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第44号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第44号 2006年7月30日発行 編集後記  光陰矢の如し、もう今年も半年が終わりました。時の流れの速さを実感しています。あるところでこんな話を聞きました。「年をとると一年がはやい。それは年をとるにつれだんだん忙しくなる…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第43号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第43号 2005年7月24日発行 編集後記  本年三月二十日、および四月二十日、福岡地区は大地震とその余震にみまわれ、玄界島をはじめ大きな被害を受けました。福岡市内および近郊にも未だにその爪跡を見ることができます。当会会…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第42号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第42号 2004年7月25日発行 編集後記  本号にはたくさんの原稿をいただきありがとうございました。かなりの分量になりましたので、分載や次号への掲載となりました方々にはお詫び申し上げますとともに、ご理解を賜りお礼を申し…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第41号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第41号 2003年7月27日発行 編集後記  前号から本誌が一般書店の店頭にも並ぶようになりました。いろいろな方の目にとまり、手にしていただいたことと思います。小生も何度か書店で本誌を見かけたときにはうれしくなりました。…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第40号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第40号 2002年7月28日発行 編集後記  本誌は今号で第40号という記念すべき節目を迎えました。これも、各号に寄稿してくださった会員をはじめ、本会を支えてくださっているすべての会員のお陰であります。深く感謝申し上げま…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第39号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第39号 2001年6月16日発行 編集後記 ○ あまり意味のない言い方ですが、二十一世紀初の会報をお届けいたします。本会の例会も通算四百回を超えました。これもひとえに会員のみなさまの地域史研究に対する熱意の表れであると思いま…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第38号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第38号 2000年6月15日発行 編集後記 ○ 二〇世紀最後の年です。世間では世紀末だ、ミレニアムだ、二一世紀だと騒いでいます。千年に一度の歴史的瞬間を迎えるとも言われています。しかし今の私の一日一日も千年に一度しかない大切…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第37号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第37号 1999年5月29日発行 編集後記 ○ 今回は近藤会長の提案により、表紙の色や体裁を変えてみました。表紙に目次をつけ、色を鶯色にしました。これだけでも随分と違った印象になります。以前の会報のように一回毎に色を変えるか…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第36号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第36号 1998年5月30日発行 編集後記 ○ 今回は例年になく分厚い冊子となりました。原稿をお寄せいただいた諸氏に感謝いたします。また、会員の高齢化が心配されている中で、西田さんや新入会の中西さんなど若い方が力作の論文を寄…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第35号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第35号 1997年6月21日発行 編集後記 ○ 今回の会報の編集作業が遅れ、総会が延期されましたことを深くお詫びいたします。  今回は原稿の出足が鈍く、このままでは昨年並のページ数は無理かもしれないという危機的状況でし…

続きを読むread more

編集後記/『福岡地方史研究』第34号

◆あとがき・編集後記など、会の活動や会報に関する情報を収録します。 『福岡地方史研究』第34号 1996年5月25日発行 編集後記 ○ 今回はじめて編集作業のお手伝いをさせていただきました。原稿の点検や印刷所との打ち合わせ、ゲラの発送などなかなか大変な作業でした。毎年この任にあたっておられた石瀧氏も随分とご苦労…

続きを読むread more